BASSOのある日常

ロードバイクはじめました。ブログはじめました。はじめるをはじめました。

年明けライド2023 ~宇治茶とウサギと極寒と~

ん?  2023年?

 

前回記事で

 

「200回目の投稿!!」

 

と、声高らかに宣言してから早いモノで1ヵ月以上が経過してしまっておりまして、更に年まで跨いでしまうという失態。

新年早々ナニがアレですわ。

 

てことで、気を取り直す事からのスタートとなりました2023年の初投稿は、みんな大好き旅レポでございます。張り切って参りましょう。

 

----

 

日本列島を覆う大寒波。

 

そんな寒波の隙間をぬって淀川の某堤防に集合。

 

前日の雪がチラホラと残る芝生。ボトルケージにはお白湯を詰めた保温ボトルを投入。

走り慣れた道なんですが、遠方に見える山々の雪化粧が非現実感をかもしだします。

この日の天気予報は曇りメインだったんですが、今んところは気持ちよく日が差してくれています。

土手にも雪がチラホラと。

ご主人様を待つトップストーンさん。

路面のコンディションが分からんかったので、こちらをチョイス。

恒例の土木建築チェック。

着々と道路が仕上がってきております。

土木って人間のパワーを感じられるんですよね。(イメージ)

当然ですがこの先にも似たような建築物が立ち並んでいくんですね。

通る度に変化が見られるってのもホームコースの醍醐味です。

出会い館経由で宇治川沿いをえっちらおっちら進んで参りますと大きな川にご到着。

近畿圏自転車乗りの定番スポット。宇治市にご到着。

世界遺産平等院鳳凰堂があるところですね。

賑やかな平等院への道とは反対側へ100メートルほど向かいますと、綺麗な建物が見えて参ります。

もともと宇治橋通りにあった「とにまる」と言うお店の移転先だそうで、冷やしあめや京飴のメーカー岩井製菓のプラットフォームとなる場所らしいです。

オープンして2年弱の新しい施設ですね。

ランチは「とにまる 茶づな本店」で鰆の西京漬け定食を頂きました。

(写真撮るの忘れてて鰆が真っ二つなのはご容赦を)

更に製菓メーカーらしいワクワク商品。

みたらし団子と綿あめを合体した「わたらし団子」も頂きます。映えますわ~

可愛いらしいお箸袋。「とにまる」とは宇治市莵道丸山と言う地名から来ているそうです。

お食事ハラも甘いものハラも一杯になってマッタリしておったのですが、せっかく来たのでこちらにも。

ご一緒したツレが席を確保してくれてこちらのお店への潜入にも成功しました。

 

「中村藤吉本店 平等院店」

 

お茶はもちろん、スイーツ系が充実した老舗のお茶屋さん

エントランスからシャレオツです。

窓際の席で宇治川を見ながらマッタリと。

ナイスロケーションでお茶とスイーツを頂きます。

朝霧橋を渡りまして対岸に移動します。

橋のすぐ先にある宇治神社へご到着。

みかえり兎で有名(らしい)な神社で、2023年の干支でもあったため、今年の初詣はエラいことになっていたそうです。

振り返るウサギさん。なんでも

「1700年前に道に迷った菟道稚郎子命(うじのわきいらつこのみこと)の前に一羽の兎が現れ、何度も振り返り安住の地へと先導した伝説」

が由来だそうです。かつては菟道と書いて「うじ」と読んいたんだとか。勉強になりますね。

この神社で一番感動した手水舎。

普通は龍が多いかと思いますが、こちらはウサギなんですね。初めてみました。

そういややってないなぁ・・・って事でおみくじ。

デザインに俗っぽさを感じるのは管理人がよどんでいるんでしょうか?

宇治観光を満喫した後は元来た道を引き返します。

行きの天気とは裏腹に、帰りは曇り空。

なんとか持ってくれればなぁ・・・と思っていると暗雲立ち込めて参りまして、雪、雨、晴れ、ミゾレ、曇り、がポツポツと入れ替わり立ち代わりなコンディション。

目を開けていられないほどのミゾレに出くわしたり、リアのギアの調子が悪くなったり、サイコンのバッテリーが早々に切れたり、と、ちょこちょこアクシデントに見舞われながらもなんとか無事完走。

ここまで極寒ってのも初の体験でして、色々と気付き多いライドとなりました。

 

てな訳で2023年お初の投稿でございました。

本年もどうぞよろしくお願いいたします!!

 

追記:宇治茶をお土産で買って帰ったんですが、少量の茶葉でも何杯も楽しめますね。

新しい発見でございました。

 

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

 

寒過ぎるのもよろしくないんです。~7MESHは素晴らしいものでした~

今回の投稿でちょうど200回目(だそう)です!!

不定期更新ながらも、ちょこちょこ覗いて頂いている方も増えて来てて本当に励みになります!ありがとうございます!今後ともなにとぞよろしくお願い致します!!

 

ところ変わりまして---

 

いきなり寒くなりましたね。

 

寒いのは結構好きとは言え、本格的な寒さになると自転車乗るのが億劫になって参ります。

 

そんなこんななシチュエーションに力強い味方がやってきました。

 

CHILCO ANORAK / 7MESH(チルコ アノラック/セブンメッシュ)

7MESH(セブンメッシュ)と言うメーカーのパーカーです。

 

今年行ったイベントBike Lore(バイクロア)が、このパーカーとの出会いだったんですが、その場では購入せず。

で、素直に帰宅して粛々と日常を過ごしておったのですが、妙に頭の隅にこのパーカーがちょこちょこ出て来るもんで、結局ネットでご購入に至りました。

 

---

 

※寄りの写真だとグレーっぽいカラーですが、ホントのカラーは黒です。

 

7MESHと言うメーカーは、Arc’teryx/アークテリクスと言うメーカーの創設者が興したバイクウェアブランド。だそうです。

内側には起毛した素材があしらわれております。

なんでも、外側は高密度のストレッチ素材で風を防いで、起毛の素材で服の中に温かい空気を溜め込んで、内外の気圧の差で湿度を外に逃がすそうです。(なんか凄そうだ・・・)

これを着てロングライドはしてはいないんですが、想像以上に温かく蒸れる感じもなく風も凌いでくれています。今んところダメな部分は見当たりません。

あと何よりも軽い。これは肩こりが激しい管理人にとってとても大きい部分です。

フロントのお腹部分には両サイドからのポケット。

薄い生地なんで細かいものを入れるイメージですかね。これがなかなかに便利です。

ファスナーはハーフオープンになってます。ファスナーには手袋ん時にもアクセスしやすい長さ紐が付属してます。

後ろにも7Meshのロゴマーク

特筆すべきは素材だけでなく縫製にもありました。

素材自体にあえて伸縮性を持たせ過ぎず、縫製の角度で稼働領域を確保しています。

これがなかなかに良い仕事してくれてて、普段使いでもライドん時でも良い感じに動きに付いてきてくれます。服飾の勉強してた知人もこれには感心してました。

これを着てのロングライドはまだ未経験ですが、街中でのライドでは本当に良い仕事してくれてます。まだまだ使い始めて時間経ってませんが、間違いなく良い商品だなと感じさせてくれる商品です。

外からの風と内からの湿度と温度。しかも軽量・・・・うーーーん、やっぱり専門にしてる人達の商品って凄いんだなぁ・・・良い買い物したなぁ・・

 

---

 

自転車ウェアなんですが、普段使いでも非常に使いやすいモノです。

根本的な部分がしっかりしてるものって、デザインも使い勝手もソレに付いてくるんですかね。ホントに良い買い物出来ました。

とりあえず年末年始はこれで乗り切ってみようと思います。

2022年も最後の最後に良い買い物出来ました。

 

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

 

Sequel君が整った⑦ ~シートポストの場合、やっぱりアレは凄かった~

整いが止まらないJamis Sequelさんな訳なのですが、いよいよぼちぼち仕上がって参りました。

今回もそんなお知らせなぞひとつ。

 

---

 

今回のターゲットは最後の大物(と思っている)

 

~シートポスト~

 

座るとこの下に付いてる棒ですね。

今はJamis純正の真っ黒のものが付いています。

早速いつものお店で交換開始。

サドルを外します。オーソドックスな外観ですね。これはこれでカッコイイ。

余談ですがこの日はコーヒーライド帰りに立ち寄ったんで、ちょっと強引にイスを括り付けております。クロモリってこういうの気にせず出来るのが好き。

はい。完了。

悩んだ末に付けたのが結局コレ。

みんな大好きTHOMSON Elite(トムソン エリート

言わずもがなのアルミ削り出しのセクシー(イメージ)プロダクツをリリースするメーカー様です。今回もセットバックタイプをチョイスしました。この角度もまたいい。

言わんでも伝わってると思いますが、完全に見た目質感のみでチョイスしております。いつまでも観ていられるこのギザギザ最高。

---

BassoのシートポストもブラックカラーのTHOMSONを使用していますが、そもそもTHOMSONと言うメーカーに興味持ったのはこのシルバーの質感でした。

個人的には満を持しての登場となりましてホントにテンション上がりまくっております。

ヤグラ(って言うんですよね?)部分にもロゴマーク。カッコイイ。

後ろから(テールライトは外しております)

前から

~交換前~

~交換後~

当初イメージしてた、シルバー、グリーンベースのイメージにほぼほぼ、まとまったかなと思います。

1年近くかけてちょっとずつ色んなパーツを交換してきてどうなるかと思ってたんですが、ようやく自分のファーストインプレッションが正しかった事を実感出来てホッとしております。

 

いや~良かった良かった。

 

と言っても、こいつに関してはまだまだやりたい事あるんで、今後もどうぞお楽しみに。

真冬になって遠方ライドが少なくなってくると、こいつをチョイスする事が増えてくるんで、また新しい楽しみ方も出てきますね。実に楽しみです。

 

ではではまたまた。

 

---

 

~整ったシリーズ~

~インプレ~

~その他~

 

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

 

フォークバックが無ければフレームバックを食べればいいじゃない 。と、あの人は言っていない。

先日行ったデイキャンプ

行ってしまえば楽しいだけなんですが、準備中にいつも想う事ひとつ。

 

もっとお手軽に

 

準備は準備で楽しいんですが、面倒に感じてしまうと行く頻度が落ちていき、頻度が落ちると買ったモノの原価償却できず無駄が増え・・・・と言う負のループに陥ってしまいます。

 

今んとこのデイキャンプのスタンダードな荷物はこんな感じ。

・イス

・テーブル

・ガスバーナー

・ガスボンベ

カップ

・コーヒーグッズ

・クッカー(大、中)

・お箸やらスプーンやら

・水

・買い出し食料

てな感じ。

---

下の写真はデイキャンプん時の基本セット。左上のイス、テーブルはドロップハンドルの前に固定して、あとはフレームバックとステムバックに詰め込みます。

入りきらない分はリュックで対応するんですが、リュックは買い出し食料や帰りのゴミを入れる為になるべく空けておきたい。そもそもリュックは極力軽くしていたい(出来れば無しが良い)。

となると更にサドルバックを追加して・・・となるんですが、サドルバックって付けるのが面倒な上に、入れるのも取出すのも今ひとつ。。(出し入れ少ない泊りの時なんかは最高に便利)

 

---

 

それでは、とフォークバックを物色してみるもどうも思ったモノが見当たらない。

そんな袋小路でいつもの壁に目をやります。

f:id:RadioControll:20210512223235j:plain

これ使えんじゃね?

って事で、Black BurnのOUTPOST FRAME BAGを、同じくBlack BurnのOUTPOST CARGO CAGEで固定してみました。

改めてこんな感じのフレームバック。

下のファスナーを空けると容量を増やすことが出来ます。こいつの最大の特徴ですね。

今回はコーヒー関連グッズを詰め込んでみました。

思った以上に入るし、フレームに固定されてないので取り出しやすい。

これ1つでかなりリュックが空いて理想に近い状況になりました。

正直このバックをフレームに付けようとすると、ボトルケージを外さにゃならんのであんまり使ってなかったんですよね。

 

いや~以外な使い道が見つかってなんだか得した気分。

モノに対する思い込みってありますよね。考え方の角度変えてみると意外な活用法があるかもね。の、気付きのあったデイキャンプでございました。

良かった良かった。めでたしめでたし。

 

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

 

さかもっさんのフロントがアレになった話。

先日BASSOのタイヤをPanaracer/AGILESTに入れ替えたのは以前の記事、

の通りなのですが、

 

外したContinental/GP5000のリアタイヤについては処分しましたが、フロントについてはもうちょい使えそうやし置いておくことに。

 

---

 

ところ変わって、さかもっさん(Air-on)。

フロントタイヤは買った時のままでひび割れだらけ。

1万キロ以上は余裕で乗ってるんで仕方無しです。よく頑張りました。

こちら噂のコンチネンタル(老後)。

スっと。フロントホイールをリリースしまして、

アレとコレを外しますと意表を突くリムテープの色。

リム幅に対して細すぎるリムテープの細さに徹底的なコストカット魂を感じます。

この流れで言うまでも無いんですが、フロントにコンチネンタルを装着。

頑張った装着後にローテーションが逆な事に気付く絶望。(対処せず)

ちなみにリアは以前の記事↓

でお伝えしましたIRC METROのまんま。

てな感じで足元は

フロント:Continental GP5000 25C

リア:IRC METRO 28C

てな感じになりました。

早速走ってみようと思ったんですが、前後で空気圧のてっぺんの値が違います。

リアは6.0bar(くらい)フロントは8bar(くらい)

 

よく分からんので低い方に合わせてみました。

前後共に6bar(くらい)

 

~実走~

 

「あかん!!フロントぐにゃにゃ!!」

 

~帰宅~

 

フロントがふらふらのぐにゃぐにゃのもにょもにょだったんで、フロントを8barに変更。

 

~実走~

 

前後の転がる感じが違うのは気持ち悪いながらも問題なく走れてます。

てか以前よりよく転がるようになってなかなかに気持ちよろしい。

 

ちょっと加速 → 立ち漕ぎ。

 

「ふ!不安定!!」

「運転しにく!!」

 

前後タイヤの空気圧の差がある場合の立ち漕ぎはメタクソ不安定でございました。。

てな訳で、そろそろ交換かと思ってたさかもっさんのフロントタイヤ。

遊ばせとくのもアレなんで・・な貧乏性からのお遊びでございました。

 

当然ですがコンセプトの違うタイヤを前後に装着するのは全力でオススメしません。

直進時は特に問題ないんですが、左右への力が加わると途端に不安定になりますね。

タイヤ交換の際は前後同じものにしましょうw

そんな今更発信する必要もない学びを感じた秋の入り口でございました。

新しいタイヤ探すか・・・

 

追記:交換して1ヵ月。この状況で通勤しておりますが、直進の進み具合が明らかに軽やかになりました。やっぱり良いタイヤって良いんですねw

 

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

はりまシーサイドロード ~シーサイドでないロードも最高だった~

「こんなコースあるらしい。知ってる?」

 

送られて来たコースを確認し、知らない旨を伝えると土曜早朝お迎えに行くとのご連絡。

 

そんな一方通行ライドのお話です。

 

---

 

1時間30分ほど車を走らせて目的地へ。本日の相棒はBASSOさんです。

大きな川沿いを行くコースからのスタートです。

川沿いを南にぐいぐい進みますと海に出ます。

ゆったりした海をしばらく進みますと、

「道の駅みつ」

に到着。

中に入ると単車が多い。有名なコースなんですかね?

一休みするBassoさん。いっしょに海を見るのも何度目でしょうか。

てな訳で本日のコースのご紹介。

 

はりまシーサイドロード

 

姫路市の少し西にある海沿いルートで、自転車ルートとしてブルーラインも引かれておりました。

 

---

 

道の駅を出るとすぐに海が近くなります。

漁港へ降りて行く為のヘアピンカーブ。

漁港の先には牡蠣の養殖場が広がります。

ひたすら海沿いを走ると、とある岬への入り口を発見。

 

「万葉の岬」

 

瀬戸内を一望出来る岬。展望台周りには椿の木がわさわさと。

岬から見える島の名前いっぱい載ったやつ(展望台あるある)。

岬下って自転車走らせますと、キリンさんがお出迎え。

広島でなくても瀬戸内って造船が盛んなんですね。絵になるなぁ・・・

歴史を感じるライドに身も心もどっぷり浸かっておりますと、あんまり歴史を感じない入り口を発見。お腹減ってたので吸い込まれました。

激推し牡蠣フライ定食を頂きます。うっかり美味しかったです。

更にバイクを西へ走らせますと、吊り橋やら工場やら人工物が多いセクションへ入ります。吊り橋はいつ見ても美しい。

橋から見える何かの工場。

でっかいえんとつがお出迎え。

えんとつの足元にでっかいパイプ。直感的にエヴァンゲリオンを思い出しました。

写真では伝わりにくいんですが、下に見える車のサイズからご想像ください。

ちなみにこちらは発電所だったようです。火力かな?

そのまま海沿いを走っておりますと、ふと横目に古い町並みが視界に入ってきます。

 

「坂越」と言う地区。

 

古い古い建物が通りに並びます。ルートを少し外れて立ち寄ってみました。

忠臣蔵」と言うなんともストレートなお酒を造ってはる酒蔵さん。

アジも迫力もある建物。

写真はありませんが、歴史ある建物の隙間に古さを生かした新しいお店も立ち並んでおりました。有名なスポットなんでしょうね。美しいところでした。

 

素晴らしい寄り道に酔いしれつつ、次の目的地へ

 

---

 

湾をグルっと周って突き出た先っぽにいきますと、シャレオツゾーンに到着です。

 

「きらきら坂」

 

海へ続く坂道、オシャレなお店、海沿いのピッツェリア、アジア?兵庫?近畿?のナポリ(と言われているらしい)だそうで、ちょっとした観光地となっておりました。

きらきら坂のきらきらに圧倒的なめまいを感じつつ先を急ぎます。

きらきら坂から北上しますと右手に線路が。写真撮れてませんが新幹線でした。

そこから急に上下左右に木々が生い茂るゾーンに入ります。

路面は荒れた舗装路、上下左右の木々が光をさえぎって薄暗く、人も自転車も車も誰もいません。こんなコンディションの道が5キロ以上続く、非常にレアで楽しいルートでございました。

グラベルバイクで走るともっとリラックスして走れたかと思うんですが、細いタイヤでも心地よい緊張感の中走れる、めちゃくちゃ受け皿の広い、めちゃめちゃ楽しいコースでした。ただただストイックに走れるこのコースは是非また走りたいなぁ・・・

そんな感じで、90キロ弱のコースは無事終了。

はりまシーサイドロードは海沿いのルートを指すんですが、今回は左側の北上ルートが素晴らしく楽しいルートでございました。

どんなところでもそうですが、実際行ってみないとイメージや情報だけでは分からない道が沢山ありますね。いや~楽しいライドでした。

 

皆様も是非に~

 

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

宝塚ライド ~見どころがおおすぎて~

皆様にもあるかもしれませんが、管理人的ホームコースってのがありまして。

神崎川を主体とする40キロ程のルートなんですが、ロードバイク乗り始めて3年超えてそろそろマンネリ化を否めない状況に危機感を抱いておりました。

 

そんな危機感のリカバリーコースとしてこんなコースを走ってみました的、備忘録でございます。

 

---

 

淀川のでっかい橋を越えて2号線をひた走りまして、兵庫県の西宮市に入ります。

橋渡ってすぐに川沿いに下ります。

武庫川(むこがわ)

にご到着。

川幅も道幅もゆったりした美しい川ですね。

交通量の多い国道から一変、道も空気感も素晴らしい川沿いで一休み。

本日の相棒はBASSOのVentaさん。

何周か回ってやっぱりコレに乗りたい感情がふつふつと・・・・やっぱりカッコよろしい。

要らなくても買ってしまう魔法のアイテム。アメリカンドックを頂きます。

くち周りのケチャップはとりあえず置いといてそのまま北上。

その流れで兵庫県が世界に誇るアノ建物が見えて参ります。

阪急電車もフレームインですわ。

お察しの通り宝塚大劇場でございます。

そうそう。こんな感じ。こんな感じ。

脳内イメージ(見たことない)を頼りに、劇場周辺のポスターを写真撮影。

大劇場以外にもバウホールってのもあるんですね。

宝塚劇場エントランス。

勇気を出して中に入ってみました。

レーパン、ピチピチサイクルジャージでも気にしない。

ディスタンス!ディスタンス!

ゆったりと中を見学出来ましたがこの時も中では本番が行われておりました。

(演目は知りません)

宝塚音楽学校旧校舎もこれまた味わい深く。

そんな華やかな空間に肩まっでどっぷり浸かった管理人は、その勢いをお借りしたままこちらの空間へ

これまた兵庫県が世界に誇るアーティスト手塚治虫記念館へ。

中には入りませんでしたが。。

宝塚市を堪能した後は一路東へ進路を取ります。

大きな道は片側一車線でちょっと走りづらいので、住宅街の中をのんびりライド。

ふと見上げると素敵なお寺がひょっこりと。

こちらも中には入ってませんが美しいお寺でございました。

門から覗く抜け感が素晴らしいなぁ・・・

ランチ中のBASSOさん。どう考えてもカッコイイ。

ちょっとだけ最近整った部分もあるんですが詳細は近いうちにまた。

池田に来たからには・・・って事で、こちらにもお邪魔。

小林一三記念館」

兵庫県の真打ち登場って感じでしょうか。

中には入っておりませんが。

池田市内から猪名川沿いを南下しますと、皆大好き大阪伊丹空港が見えてきます。

トランプ大統領の乗るエアフォースワンが着陸したところですね。

 

この画角でじっと待っておりましたが、全く飛ぶ気配無かったんでこの日はスルー。

その代わり別滑走路を走る小型飛行機はちょこちょこ目の前を通り過ぎてゆきます。

そのまま南下して神崎川方面へ無事合流。

てな感じで宝塚~池田方面ライドは無事終了。

サイコンでは70キロオーバーなんですが、以下のコース以外の距離も含まれてるんで、素直に走れば50キロちょいの距離になるかと思います。

空気感の良い場所が多くて、気持ちの良いコースでした。

また近いうちに走ってみようと思います。次回は手塚治虫記念館に入ってみたいなぁ・・・

追記:毎度想うことなんですが、猪名川から神崎川へ帰ってから大阪市内に戻る道ってなんかうまくまとまらないんですよねぇ・・・どなたか知ってたら教えて下さいませ。

 

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村